2014年06月18日

【原発関連】チャイナ・シンドローム

こちらはAmazonインスタントビデオのレンタル作品です。
最近は歴史物よりも、原発関連に興味があり、その手の本やDVDなどをいろいろ読んだり見たりしてます。

この「チャイナシンドローム」はメルトダウンした核燃料棒が高熱のためにアメリカから地面の向こうの中国に行ってしまうという意味で使われる比喩表現です。

40年近く前に作られたこの映画のタイトルがよく原発関連書籍にでてくるので、気になり見ました。

福島の原発事故同様のずさんな管理を告発しようとするジャックレモンと、真実を伝えようとするジャーナリストのジェーンフォンダ、フリーのカメラマンのマイケルダグラスの映画で、多少時代を感じさせる機材やカメラワークですが、3.11以降見るときっと深く考えさせられます。

john96pierre at 13:01│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 原発関連 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

twitter
スポンサードリンク
カウンター
Categories
楽天で探す
楽天市場

Archives
livedoor 天気