2007年10月10日

【戦国島津】山神の響炎

4ef6af8c.JPG

2007/10/8 

関ヶ原の戦いで島津義弘公の身代わりとなって散った島津豊久公やその家臣らを祀る祭りとして今年で5年目のようです。

田畑に11,000本の松明を掲げた風景は圧巻。北九州から見に来たといわれるご婦人もいらっしゃいました。

16時から歌、太鼓演奏、少林寺拳法演武などが始まり、18時から松明点火。このイベントは19時過ぎに途中で帰ってしまったのでわかりませんが、それまでにこの祭りの意味の説明や島津豊久公を顕彰するものなどは会場にありませんでした。

豊久公の父、家久公もまたこの永吉近くの「梅天寺跡」に墓地がありますので、この祭りでぜひ親子の顕彰をしていただきたいです。

<後日談>

やはりこの日、この祭りの意味をアナウンスすることなく祭りは進行したらしいです。地元の方に私からの強い要望をお伝えしました。パネルを常設展示していただいたり、銅像建立していただいたり、何らかの形で後世に伝えていただきたいです。

また、こちらの祭りのファイナルでは、吹上青松太鼓に合わせて花火が打ち上げられた様子。すごくきれいだったということです。来年はできれば最後まで参加して見届けたいと思います。



d14c84be.JPG5363f725.JPG

john96pierre at 01:49│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 戦国島津ゆかりの地 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鹿児島で生きるモノ   2010年08月21日 11:38
おまえうるさい

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

twitter
スポンサードリンク
カウンター
Categories
楽天で探す
楽天市場

Archives
livedoor 天気