2006年04月16日

西南戦争ゆかりの地めぐりの旅〜宮崎・佐土原編〜

【初日】自宅→都城領主館跡(車窓)→母智丘公園(2kmの桜並木・車窓)→関之尾滝・関之尾公園→カナダ(金田)経由→ホテルに嫁を投入→谷村計介生誕地旧宅跡大森公園(大森城跡)、谷村計介銅像・倉岡神社(糸原)→道の駅高岡→ 綾城(伊東氏ゆかりの城)・馬事公苑(車窓)→国富町経由→都於郡城跡(伊東氏居城、伊東満所生誕地、満所銅像、伝説 高江山上)→ホテル



【関之尾滝公園】

宮崎関之尾滝01

宮崎関之尾滝02

宮崎関之尾滝04

 

 

 

 

宮崎関之尾滝03

関之尾滝はきれいな滝でした。下のほうまで降りることができますので、滝を見ながら弁当を食べました。誰もいませんでしたので、隠れ家っぽくてよかったです。あまり駐車場から滝まで離れていないのでハイキングにはオススメのスポットです。階段があるので万人向けではありませんけど。

桜もまだ咲いており、土手にはツツジの花が壁をなしており、これまたきれいでした。

 

【谷村計介墓地】

宮崎谷村計介墓地02

宮崎谷村計介墓地03

谷村計介の墓地がありました。なぜか「谷村計介之像」とあって、探しはしますがどこにも像が見当たらず、しばらくは謎でした。以前は、ほっかむりをして顔に塗炭を塗って熊本城から脱出した状態の谷村計介の像があったそうですが、戦争のときに供出することになってしばらく像がなかったそうです。

 

宮崎谷村計介墓地04

宮崎谷村計介墓地01

その後新たに胸像が作られ、大森公園に設置されてあります。

 

 

【倉岡神社】

宮崎倉岡神社01宮崎倉岡神社02

初代島津忠久が建立した神社だそうです。この神社の裏側に大森公園があり、谷村計介の像があります。

 

 

【大森公園】

宮崎谷村計介鍛錬の地01宮崎谷村計介鍛錬の地02宮崎谷村計介鍛錬の地03

 

 

 

 

宮崎谷村計介鍛錬の地04宮崎谷村計介鍛錬の地05宮崎谷村計介鍛錬の地06

 

 

 

 

この記念碑には表には「谷村計介の歌」、裏には「尋常小学校」の教科書の一部が載っていました。

 

「尋常小学校」の一部

「第二 ちゅうくんあいこく
めいぢ十年に熊本のしろがぞくぐんにかこまれました。
しろをまもっていた谷少将は、しろの中のやうすを、えんぽうのくわんぐん
に知らせようと思ひ、そのつかひを伍長谷村計介にいいひつけました。
計介はからだにすすをぬり、やぶれたきものをきて、やみにまぎれてしろをでました。
とちゅうで二度もぞくぐんにとらへられ、いろいろのなんぎな目にあひましたが、
とうとうくわんぐんの司令部について、しゅびよくつかひのやくめをしとげました。
尋常小学修身書 第三児童用」

宮崎谷村計介鍛錬の地07宮崎谷村計介鍛錬の地08宮崎谷村計介鍛錬の地09

 

 

 

 

宮崎谷村計介鍛錬の地10

幼少期、谷村計介はここで鍛錬に励んだそうです。見晴らしは良い場所で、落ち着く場所でした。

谷村計介の銅像は現在、熊本城の本丸1Fにあります。→銅像大好き!

 

 

【2日目】ホテル→宮崎カトリック教会(西郷) →宮崎総合文化公園(小村寿太郎、石井十次、若山牧水、高木兼寛、安井息軒、川越進)→佐土原城入城(鶴松館)→天昌寺跡(島津家久・豊久墓)→石井十次墓地(スルー)→木城町城山公園(高城跡)→おまる川→石井十次生誕地(スルー)→高鍋経由→空港→自宅

宮崎カトリック教会西郷本陣跡01

宮崎カトリック教会西郷本陣跡02

西郷隆盛が宮崎入りしたときに滞在した場所です。ウサギ狩に興じていたそうです。

 

 

宮崎カトリック教会西郷本陣跡03宮崎カトリック教会西郷本陣跡04

現在は宮崎カトリック教会になってます。

 



john96pierre at 17:02│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西郷隆盛ゆかりの地 | 西南戦争ゆかりの地

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

twitter
スポンサードリンク
カウンター
Categories
楽天で探す
楽天市場

Archives
livedoor 天気