2006年03月16日

西南戦争ゆかりの地めぐりの旅〜玉東町主催編〜

2005年11月6日

熊本県玉東町は、田原坂で有名な植木町と接する6000人前後の町です。

今回、11/6に「史跡めぐりとミカン狩りとバーベキュー」という企画に参加してきました。主催は玉里町ふるさと勉強会でした。

全然知らなかったんですけど、どうやら植木町と玉東町は中が悪いようです。本来なら、田原坂は玉東町のものだったんですけど、以前行われた市町村合併で植木町になったという経緯があるようです。有名な観光地を巡る攻防は現在も行われているんですね。

それはさておき、今回のコースを案内しましょうw

玉東町役場−正念寺(赤十字発祥の地)官軍本営跡丸田公園(有栖川宮御督戦之地)−西原製鉄所−西安寺五輪塔−横平山吉次峠半高山激戦地−バーベキュー−薩軍兵站地跡篠原国幹戦傷地−ミカン狩り−玉東町役場



この日、朝から土砂降りの雨。
跡から知りましたが、阿蘇のほうでは130mmほど降ったそうです。場所は違いますがそれくらい振りました。ひょっとして、中止になるかもしれないと思うほどでした。

役場で雨宿りがてら、いろんな質疑応答などが行われました。
町外から参加している人はそう多くなかったそうです。ましてや鹿児島や荒尾から参加というのは、かなり特別だったようです。

玉東でも西南戦争では薩軍びいきという感がありました。
ですので、「鹿児島の方からみて、西南戦争はどういうものなんでしょうか?」とずばり聞いてこられた時はビビリました。鹿児島出身であるというだけで、気の効いたことを話さないといけないと言うプレッシャーはすごかったです。20人近くの人が聞きたい光線を出していましたから。。。

的を得ているか分かりませんが、「西郷さんは西郷さんとは呼ばれているが、大久保さんとは呼ばれない」とか「大久保の銅像はいたずらされるのを恐れて、台座が高い」という意外と知られていなさそうなことを話し、鹿児島も西郷びいきが強いという話をしました。

その後、各地を回るうちに雨も降ったりやんだりでした。
昼のバーベキューのときは、激戦地半高山で食べると言うことでなんだか、気が引けていたんです。たくさん人が亡くなっている場所で、肉を食らうと言うこと自体に。

最初はおいしく食べていたんですが、徐々に強いつむじ風が吹き出し、皿をひっくり返したり、いろんなものを飛ばしたりしだします。しまいには横殴りの土砂降りが。。。
朝から感じていたんですが、これも祟りなのかどうか。。。

なんとなくけだるい気分と、頭がぼwwっとしたまま終了。
また誰か乗せてきてしまったかもしれもはん。
怖いので、途中玉名の羽根木八幡に立ち寄り旅の無事を祈りました。ここは昔高瀬と呼ばれた場所で、官軍の本営があったばしょらしいです。西南戦争開始序盤に、熊本城が薩軍に攻められている時、谷村計介が城を脱出戦況報告をしにきた場所がおそらくココではなかったかと思うんですけど。この辺一帯もいろいろ史跡があるようです。

西南戦争田原坂玉東町正念寺西南戦争田原坂玉東町正念寺2

西南戦争田原坂玉東町正念寺5

 

 

 

 

 

 

 

西南戦争田原坂玉東町正念寺3

西南戦争田原坂玉東町正念寺4

博愛社(後の日本赤十字社)生誕の地はここ玉東町の正念寺でした。現在も弾痕の跡が残っています。

 

 

西南戦争田原坂玉東町官軍本営跡2

西南戦争田原坂玉東町官軍本営跡1

ここは官軍本営が置かれていた場所で、現在井戸が残されています。

 

 

 

 

 

西南戦争田原坂玉東町官軍本営跡3

西南戦争田原坂玉東町官軍本営跡5

官軍本営跡です。バスの後ろに井戸があります。

 

 

 

 

 

西南戦争田原坂玉東町官軍本営跡4

西南戦争田原坂玉東町横平山6

 

 

 

 

西南戦争田原坂玉東町丸田公園有栖川宮御督戦之地西南戦争田原坂玉東町丸田公園有栖川宮御督戦之地2

有栖川宮御督戦地は現在丸田公園となっています。小高い場所ですのであたりが見渡せて、田原坂方面も遠望できます。

 

 

 

 

西南戦争田原坂玉東町西安寺五輪塔

西安寺五輪塔

 

 

 

西南戦争田原坂玉東町横平山1西南戦争田原坂玉東町横平山2西南戦争田原坂玉東町横平山3

 

 

 

 

横平山戦跡

薩軍の塹壕が残されています。

 

西南戦争田原坂玉東町横平山4

西南戦争田原坂玉東町横平山5

西南戦争田原坂玉東町横平山6

 

 

 

 

西南戦争田原坂玉東町横平山7

たぶん横平山〜半高山へ伸びる道です。ここで2005年4月のときに、みかん畑で遭難未遂をしてしまいました。

 

 

西南戦争田原坂玉東町吉次峠地獄峠佐々友房1西南戦争田原坂玉東町吉次峠地獄峠佐々友房2

吉次峠

半高山に面している峠は吉次峠と呼ばれ、薩軍が守っていたのですが別名地獄峠と呼ばれ恐れられました。

 

西南戦争田原坂玉東町吉次峠地獄峠佐々友房3

西南戦争田原坂玉東町吉次峠地獄峠佐々友房5

西南戦争田原坂玉東町吉次峠地獄峠佐々友房4

 

 

 

 

吉次峠は佐々友房率いる熊本隊が死守していました

 

 

西南戦争田原坂玉東町半高山吉次峠地獄峠1

西南戦争田原坂玉東町半高山吉次峠地獄峠2

半高山

薩軍が守っていたところです。この戦いで篠原国幹が戦死していますが、場所はもっとふもとのほうです。

 

西南戦争高瀬繁根木八幡宮3

西南戦争高瀬繁根木八幡宮6

西南戦争高瀬繁根木八幡宮5

 

 

 

 

 

 

西南戦争高瀬繁根木八幡宮4

西南戦争高瀬繁根木八幡宮2

西南戦争高瀬繁根木八幡宮1

 

 

 

 

西南戦争高瀬繁根木八幡宮7

西南戦争高瀬繁根木八幡宮8

繁根木八幡は西南戦争序盤、高瀬の戦いで官軍が本営を置いた場所です。対して薩軍は西郷隆盛の弟小兵衛が率いて川をはさんで戦いました。小兵衛は土手で戦死しています。

 

 

 

西南戦争高瀬繁根木八幡宮9

西南戦争高瀬繁根木八幡宮10

2005年4月の田原坂〜熊本城観光

ミカン山遭難未遂事件はコチラ。



john96pierre at 18:54│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西郷隆盛ゆかりの地 | 西南戦争ゆかりの地

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

twitter
スポンサードリンク
カウンター
Categories
楽天で探す
楽天市場

Archives
livedoor 天気