2005年05月09日

平野二郎国臣歌碑(鹿児島・伊集院)

050509_2021~0002.JPG伊集院の銀天街から城山トンネルをくぐり、しばらく道なりに行くと(たぶん500mくらい)左手にパチンコ屋があります。その手前右手に、この歌碑が。

「我が胸の 燃ゆる思ひにくらぶれば 煙うすし 櫻島」

井伊直弼の安政の大獄によって攘夷論者への圧力が高まりました。

それを逃れるために西郷隆盛と月照上人が、薩摩に向かいます。 しかし斉彬死後、藩の実権を久光が握り、藩政が開国派から保守派になっていました。

 帰る場もなく、日向に向かう最中、平野国臣がこの歌を読みました。追いつめられ、自分の理想にならないことを嘆いたんでしょうね〜

この後西郷隆盛と月照は錦江湾に身投げします。 平野国臣らが二人を引き上げますが、西郷だけが蘇生しました。



john96pierre at 21:02│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

twitter
スポンサードリンク
カウンター
Categories
楽天で探す
楽天市場

Archives
livedoor 天気