2013年10月20日

第五回 薩摩ISHIN祭 告知

公式facebook公式ページより 

本日は加治木へお出でませ! 楽しい企画が盛りだくさん。 島津義弘公を楽しく学んでください☆ 本日は第5回薩摩ISHIN祭の開催日です。 

ISHIN屋台市@精矛神社(10時〜18時)  フリーマーケットが開催されています!

敵中突破ISHINウォーク  関ヶ原出陣から10日。15時に精矛神社に戻ってきます。  明日は国分から加治木を甲冑武者を引き連れて行軍。 

ISHINQUEST 武者ヨシヒロの冒険 
 10時〜11時集合@帖佐御屋地跡(帖佐小裏手側)
 11時冒険開始  アイラ大陸の謎を解き、武者ヨシヒロの宝を探せ!
 15時冒険終了@精矛神社  ※1人1,000円(参加費、保険代込)

 ※謎を解きながらスタンプラリーを進めて頂きます
 ※すべての宝を集めると...  
 ※4人1組のパーティーで冒険(パーティー編成は   事務局が行います) 
 ※駐車場はございません。帖佐駅からのバスをご利用ください。
 ※定員200名(予約をされた方優先) 

甲冑武者による姶良市内の義弘公所縁の地を練り歩き
 9時@初陣の地 岩剣城跡(重富小)出発 
 15時@精矛神社 到着 のようにコンテンツが盛りだくさん! 

ご予定のない方は是非加治木へお越し下さい。 
来られる時には公共交通機関をご利用下さいね。 駐車場はございません!

john96pierre at 06:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 薩摩ISHIN祭情報 

2013年10月14日

山神の響炎2013

2c6a0f69
天昌寺詣りなどのあと、16時に現地入りし、うどんを食べて腹ごしらえ。






3c06b734点火式は18時からでした。川沿いなので、夜は肌寒いです。





1b80717db9e40acc
今年もお手伝いに参加させていたきました。 小学1年生の娘を連れて行き、安全な場所を担当させていただき、娘も大喜びでした。点火式に参加させていただくことで高めの場所から毎年見ることができて、本当に感謝しています。




山神の響炎(リンク:日置市HP)


5e8aefba

 

john96pierre at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 戦国島津ゆかりの地 

【薩摩ISHIN祭】敵中突破ISHINウォークまとめブログ始動!

http://ishinwalk.blog.jp/




敵中突破ISHINウォークをiPhoneでも見られるようにしました(^^)どうぞご声援ください!

69749058.jpg

john96pierre at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 戦国島津ゆかりの地 | 敵中突破ISHINウォーク

2013年10月13日

【戦国島津】上井覚兼修学の地 愛宕山登山口

image














image














島津四兄弟を支え、上井覚兼日記で有名な、上井覚兼が若い頃に吹上の永吉にいたとは知りませんでした。さらに地頭になっていたとも。。。

image
















image














実際はもう少し山の上の方になるようです。 以前よりも看板が見やすくなって、今まで知らなかったスポットがいくつも見つかりました。 行政さまさまです(^^)

john96pierre at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 戦国島津ゆかりの地 

【戦国島津】梅天寺跡と天昌寺跡

image














佐土原島津家の家久公(写真 上)と、その息子で関ヶ原で叔父 義弘公の影武者として戦死した豊久公(写真 下)のお墓参りしてきました。最近では、豊久公の名は漫画「ドリフターズ」主人公の方で有名になりました。 関ヶ原では、でかでかとポスターにも採用されているそうです。 二つとも綺麗な花束が添えられており、同じ方がされたのだと思います。

image














天昌寺詣りというものが、昔はあったようですが、最近は高齢化が進み、されていないそうです。
代わりに後世に残すべく行われているのが、山神の響炎だということです。 

john96pierre at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 戦国島津ゆかりの地 
twitter
スポンサードリンク
カウンター
Categories
楽天で探す
楽天市場

Archives
livedoor 天気